ママの骨盤は、どうして歪む(ゆがむ)の?

ママの骨盤はどうして歪む(ゆがむ)の?

ママの骨盤はどうして歪む(ゆがむ)の?

骨盤のゆがみについて

腰痛の原因で多いのが「骨盤のゆがみ」による影響です。
特に、妊娠出産時は骨盤が激動する最大の出来事であり、
骨盤が歪み(ゆがみ)やすいタイミングとなります。

では、
その骨盤が歪みやすい2つのタイミングである
妊娠時 ②出産時
について詳しく見ていきましょう。

①妊娠時のゆがみ

産後の骨盤矯正

お腹が大きくなるにつれて横座りをしたり、ぺたんこ座りをしたりする機会は増えますし、横向きで寝る姿勢が多くなります。

このような骨盤が歪みやすい姿勢を続けていると、骨盤がゆがんだ状態になり骨盤の周りの筋肉にまで悪いクセがついてしまいます。

妊娠時のお母さんの骨盤は、日に日に大きくなっていくお腹(赤ちゃん)を支えるために、お母さんの骨盤の上部が開いて、受け皿のようになることで赤ちゃんを支えるようにできています。

このようにして妊娠時期のカラダに起きる変化は、出産後に骨盤の歪み(ゆがみ)として残ってしまいやすいのです。

②出産時のゆがみ

妊娠中は赤ちゃんを骨盤でしっかり抱っこします。出産時に自然と骨盤が大きく開きます。

お腹の赤ちゃんは、出産時にはお母さんのお腹の参道を通って出てきます。
赤ちゃんが産道内を通過することで、内側から骨盤を押し広げる力が働くため、骨盤のゆがみに繋がってしまいます。

赤ちゃんの大きさによって、この内側からの力は変わるので、赤ちゃんが大きければ大きいほど出産時の歪み(ゆがみ)の影響は大きくなります。

まとめ

以上のように、ママの体の骨盤は、「妊娠時」と「出産時」の2つのタイミングにより、骨盤がゆがみやすいだけでなく、周りに付いている筋肉にも悪い癖がついてしまい、左右でカラダの状態が変わっていってしまいます。

これが、さらにカラダ(筋肉・骨格)の左右のアンバランスへとつながり、さらなる歪み(ゆがみ)を引き起こす原因になります。

まずは、普段の日常生活の中で、自分がしている「姿勢」を意識してみてください。
悪い姿勢に気付くことが改善の第一歩です。

また、骨盤の歪みだけでなく、産後に腰痛が起こる原因について知りたい方は、
こちらをご覧ください。

産後のママ必見!『なぜ産後に腰痛が起こるの?』

骨盤の歪み(ゆがみ)を感じたり、今の自分の骨盤の状態が知りたいという方は、お気軽に「たんぽぽ鍼灸整骨院」までお電話ください。

当院独自の産後のママ専用のプログラムは
こちらをご覧ください。

産後の骨盤矯正プログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加