産後に骨盤の歪み(ゆがみ)が残ると、どうなるの?

産後に骨盤の歪み(ゆがみ)が残るとどうなるの?

産後に骨盤の歪み(ゆがみ)が残るとどうなるの?

ママの体は、妊娠してから約10ヵ月もの長い時間をかけて、
赤ちゃんの出産に向けてカラダは徐々に変化していきます。
そして、妊娠時出産時に骨盤が歪み(ゆがみ)やすくなります。

妊娠時と出産時に骨盤が歪みやすくなる原因については、
こちらをご覧ください。
ママの骨盤はどうして歪む(ゆがむ)の?

産後に骨盤のゆがみを 放っておくと・・・?

妊娠時や出産時の影響により、骨盤が歪んだままの状態で、産後約6ヵ月以降の骨盤安定期に入ってしまうと、ゆがんだ骨盤の状態で固まってしまい、腰痛尿漏れなどの症状、肩こり便秘など様々な症状に長期間悩まされてしまうケースも少なくありません

産前・産後の症状ランキング

1位:腰痛49.3%)
2位:抜け毛42.9%)
3位:体重の増加35.0%)
4位:()こり33.2%)
5位:尿漏れ30.4%)
6位:疲れやすい29.5%)
7位:()23.5%)
8位:顔のシミ22.6%)
9位:肌荒れ20.7%)
10位:白髪15.7%)

赤ちゃん

11位:便秘15.2%)
12位:目の疲れ14.3%)
13位:貧血14.3%)
14位:むくみ14.3%)
15位:腱鞘炎13.4%)
16位:冷え性12.9%)
17位:尾てい骨の痛み12.4%)
18位:頭痛11.1%)
19位:生理痛10.6%)
20位:虫歯10.1%)

その他20位以下の症状には、
膝の痛み歯槽膿漏アトピー花粉症などが並んでいます。

いかがですか?
あなたは、いくつ当てはまりましたか?

3つ以上当てはまると、かなり危険信号です!

骨盤の歪み(ゆがみ)が体に及ぼす影響

産後のママさんの中には、出産後6ヵ月以上経過しても腰痛や仙腸関節・恥骨・尾てい骨の痛みを抱えている方がいます。

ゆがんだ骨盤広がったままの骨盤の状態では、内臓が下がってしまいます。

内臓が下がることにより「ポッコリお腹」になり下腹部が出てしまったり、お尻まわりお肉が付きやすくなったりして、プロポーションやスタイルが大きく崩れてしまいます。 

また、内臓が下がることによって、骨盤内の臓器に影響を与え、腸や子宮の働きが低下することとなり、便秘生理痛冷え性むくみの他に、ホルモンバランスへも影響を及ぼす要因となってきます。

骨盤ゆがんでいませんか?骨盤開いていませんか?

歪(ゆが)んだ骨盤放置してしまうことで、このような身体へのトラブルが起きない様に、
早め早めに対処しましょう!

 

特に産後のママさんは、

女性ホルモンが活発に働いている産後の今!だからこそ
産後の骨盤矯正」が効果的となってきます。

ぜひ、今しかない産後の時期を逃さないでくださいね!

 

 「たんぽぽ鍼灸整骨院」産後の骨盤矯正
コチラ⇒産後のママ専用骨盤矯正プログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加